Blogブログ・読みもの

2018.10.29

本日創業記念日10月29日という日

白石 憲正

代表取締役社長CEO
白石 憲正

ありがとうございます プレスリリース



お陰様で、弊社diffeasyは本日2018年10月29日をもちまして創業3周年を迎えることができました。

社内メンバー限定で先日「diffeasy3周年記念パーティー 〜感謝の会〜」を開催し、創業3周年を噛みしめると共に、4期目に向けて更なる歩みを進めて行くことを決心した日。

ブログでも3期目総括をさせていただきます!

 

人に恵まれた3期目

 2期目6名だったメンバーが、3期目は15名に。

2017年9月の人吉合宿で「男性ばかりでむさ苦しいんで、女性がジョインしてくれないかな!?あとデザイン力ないよねぇ。。。」などと話ししてたころが懐かしいです。

3期目を終えるころには、素晴らしいエンジニア、デザイナー、バックオフィスの皆さんが参画してくれました。

メンバー一覧はこちらから。

 

私が感じるのは、一芸に秀でた尖ったスキルを持っている人が多いと思います。

仕事論や、技術についての哲学を聞く機会があるんですが「何時間でも聞いていたい」と思うくらい個性的で面白い。

皆様もdiffeasyの誰かと名刺交換する機会がありましたら、根掘り葉掘り聞いてやって下さい!!

 

そして、4期目メンバーも本日から募集開始いたしました!

こちらから応募」お待ちしております!

「大会運営 向上心」が成長した3期目

自社サービスとして展開している「大会運営 向上心」が成長してくれた3期目でもありました。

そのポイントとして大きく3つ。

 


1.全国大会規模での導入が増加。来年2019年度の金鷲旗玉竜旗にも採用決定!

2.バドミントン、テニスとラケット競技も導入続々と!(※一部機能限定でご利用)

3.システムとして「受付・集計・結果確認」と日々便利な機能をverup!


 

向上心を広めていく中で、スポーツ大会を支えてくださえる先生たちのご苦労を目の当たりにしてきました。

1つでも多くの大会が生まれたり、継続できたりするよう、システム面から応援させていただくのが大会運営 向上心というサービスの本質だということが分かりました。

向上心をより多くの方々に負担なく使っていただきながら、仕組みとして未来永劫継続するような形でのサービス提供方法を模索中です。

ご一緒していただける企業様ございましたら「こちらから」ご連絡お待ちしております!

 

たくさん挑戦して、たくさん失敗できた3期目

結構前のめり攻めの姿勢で臨んだ3期目。

自社サービスも、多い時は同時進行で3つ進めていました。

受託開発、オーダーメイド開発の本業で売上を立てて、自社サービスに投資するといった日々。

サービスを進める中で多くの失敗もして、ご迷惑をおかけした方も大勢いらっしゃるかと思います。そんな皆様には、いつも温かく見守っていただき、感謝しかありません。

 

しかも実際に失敗すると精神的に苦しかったり、お金も苦しかったりします。

この経験は何者にも代えがたい「実体験者たちだから語れる言葉や考え方」として、絶対に次の挑戦にも繋がります。

“成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと”、柳井社長の”一勝九敗で常にトライ・アンド・エラー”というお言葉の通り。

 

外部環境としても恵まれていて、福岡市内の各ベンチャー企業、スタートアップ企業の皆様の挑戦からも大きな刺激をいただいております。

diffeasyとしてもそのチームフクオカとして恥じぬよう、4期目も大胆な挑戦をしていきます!!!

 

written by

白石 憲正

代表取締役社長CEO
白石 憲正