Blogブログ・読みもの

2019.04.15

IT勉強会支援始めます!

西 武史

取締役CTO
西 武史

プレスリリース



世界中のむずかしいを簡単にする株式会社diffeasyで、日本一魅力的なエンジニア集団を作るCTO西です。

 

今回はIT勉強会支援についてのお知らせです!

 

IT勉強会開催のむずかしいを簡単に


diffeasyでは過去「ITのむずかしいを簡単にする会」などのIT勉強会を主催してきました。
福岡市ではほぼ毎日たくさんのIT勉強会が開催されています。

 

IT勉強会を開催したことある方は既にご存知だと思いますが、

  • 会場の手配
  • 登壇者・参加者の募集とキャンセル対応
  • 懇親会のドリンクや軽食の準備
  • 当日の運営

など大変です。

 

勉強会開催するのもなかなか難しいですよね・・・難しい!?

ということで、diffeasyではIT勉強会の”むずかしい”を簡単にするため、IT勉強会支援を開始します!!

 

支援について

支援概要

福岡市内で開催されるIT勉強会に対して、最大10,000円をスポンサー費としてお支払いします。
※福岡市内以外での開催の場合はご相談ください。

 

なお、カンファレンススポンサーなどはこの限りではありませんので、別途ご相談ください。

 

支援条件

  • IT(プログラミング、インフラ、デザインなど)に関する勉強会であること。
  • 支援が会場費または参加者のドリンク・食事に利用されること。
  • connpassなどで一般に公開される勉強会であること。※申請時は公開されていなくても構いません。
  • 20名以上の参加者を予定していて、connpassなどで参加人数が確認できること。
  • 主催者がtwitterでハッシュタグ「#diffeasy」と会場の写真をつけて開催の様子をツイートすること。(参加者の皆さんにツイートしていただくと嬉しいです。)
  • diffeasyロゴを表示し、スポンサーであることを参加者に伝えていただくこと。
  • 主催者からの申請であること。
  • 会場に了承を得ていること。

 

支援の申し込み方法

開催の1ヶ月前〜2ヶ月前に以下の方法で申請してください。2019年5月開催以降のIT勉強会を対象とします。

 

①勉強会名、②勉強会概要、③参加予定人数、④開催場所、⑤主催者メールアドレス、⑥主催者twitterアカウント名、⑦イベントURL(あれば)

 

厳正な審査の上、支援決定の場合は申請された月の月末までに返信します。
基本的に支援は毎月1回とします。
申請された月の月末までにdiffeasyより返信ない場合は、大変申し訳ありませんが、支援見送りとさせてください。

 

支払い方法

以下の条件を満たしたことを確認できた場合、現地で現金支払い、もしくは指定の口座へのお振込みいたします。

  • 主催者が支援決定のメールを受信されたこと。
  • diffeasyがtwitterでハッシュタグ「#diffeasy」と会場の写真をつけて開催の様子をツイートされたことを確認できたこと。
  • その他支援条件を満たしていること。

 

振込手数料は勉強会主催者でご負担ください。

支援条件を満たしていない場合は、お支払いできませんので、ご注意ください。

 

初めての試みで、仕組み的にうまくいかない点もあるかもしれませんが、より良い方向にやり方もアップデートしていきたいと思いますので、どうか暖かい目で見守ってください。

written by

西 武史

取締役CTO
西 武史

Twitter