Blogブログ・読みもの

2021.01.26

iBankマーケティング(株)への全株式譲渡について

白石 憲正

代表取締役社長CEO
白石 憲正

プレスリリース



株式会社diffeasy(代表取締役 ⽩⽯ 憲正、以下「diffeasy」)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役会⻑兼社⻑ 柴戶 隆成、以下「FFG」)傘下のiBankマーケティング株式会社(代表取締役 内⽥ ⼀博、以下「iBank」)が2021年1⽉26⽇付で締結の株式譲渡契約書に基づき、FFGのグループ会社となります(株式譲渡予定日2021年3月1日)。

1.株式譲渡の背景・目的

diffeasyは、2015年に創業した福岡のITスタートアップ企業です。

「make difficult things easy. (世界中の“むずかしい”を簡単に)」を経営理念に掲げ、オーダーメイド型のシステム受託開発を主軸に、自社サービスを含めた複数の事業を展開しております。
ICTを活用したビジネスコンテスト「X-Tech Innovation」(主催:FFG他)では、2015年に特別賞、2016年に優秀賞を受賞させていただいております。

今後は、diffeasyが保有するリソースをFFGグループとして最適化することで、FFG全体のデジタルトランスフォーメーション(以下「DX 」)の加速・実現に貢献させていただくことを目的に本株式譲渡を実行いたします。

これまでdiffeasyが培ってきたお客さまニーズに寄り添った事業ノウハウ、デジタルの利活用を通じて多くの課題解決を実践してきた知見を活かし、FFGの更なる飛躍の一翼を担ってまいりたいと存じます。

 

2.FFGおよびiBankについて

FFGは、2007年に設立された福岡銀行、十八親和銀行、熊本銀行の金融持株会社です。

FFGでは、第6次中期経営計画(2019年度〜2021年度)の基本戦略の1つに「DXの推進」を掲げ、様々な施策を展開しています。その先駆けとして2016年4月に立ち上げたiBankは、オープン・イノベーションを担うエンティティとして、銀行出身者のみならずデザイナーやエンジ ニア等の専門人財が多く所属し、“お客さま起点”をキーワードに「金融」と「非金融」がシームレスに結び付いたデジタルサービスの開発・提供を行っております。
この取組みを柔軟かつ機動的に行える態勢を強化するため、diffeasyを2021年3月1日付でiBankの子会社とすることで合意させていただきました。

FFGホームページ

iBankホームページ

 

3.スケジュール

株式譲渡契約日:2021年 1月 26日

株式譲渡実行日:2021年 3月 1日(予定)

 

4.本件に関するお問合せ先

(株)diffeasy

代表取締役 白石 憲正

zaimu@diffeasy.com

TEL : 092 – 555 – 9224

written by

白石 憲正

代表取締役社長CEO
白石 憲正

Twitter