Blogブログ・読みもの

2018.03.09

対馬にある株式会社ダイケ―様のむずかしいを簡単にしてきました

政栄 芳明

スタッフ・エンジニア
政栄 芳明

ありがとうございます 学び



2018年2月現在、26歳。

最年少、社員の政栄(まさえ)です。

 

株式会社ダイケー様って??

株式会社ダイケ―様は水産物を取り扱っている会社で、対馬にあります。

水槽の中にたくさんの魚がいます!

こんな水槽がたくさんあります。

↓↓↓↓


 
 
 
 
 
 
 
 
 

そんなダイケ―様のご要件は・・・

 

魚が泳いでいる水槽を低コストライブ配信したい

 

この案件は代表の山田様の「お客様に実際に生きている魚を見て、安心してもらえる環境を作りたい」

という優しい思いから生まれました。

 

そして、私達が出した答えは

スマホとアプリ使って監視しよう!!

です。

スマートフォンと既存のアプリを使って24時間監視を低コストで実現可能なんです。

 

設置レポート

2月22日(木)から2月23日(金)で対馬に行ってきました♫

 

 

 

ダイケ―様の会社から見える景色です。

赤い橋は『万関橋』です。

 

万関橋とは明治33年旧海軍が大小の軍艦が出入出来るように開削された運河にかけられた橋で、対馬の観光スポットの一つです!

対馬に行った際にはぜひ訪れてみてください。

 
 
 
 

では実際に設置していきます。

まず、スマホでの監視に必要なもの

●iPhone(androidでも可)

  •   wi-fiで運用するので、別途キャリアとの契約はいらないです

●スマホ固定用アーム

●充電ケーブル

●スマホケース

  •   今回は水槽の近くに設置するので、防水ケースを購入(落下にも耐えれるので一石二鳥)

たったこれだけです。

次に使うアプリをインストールします。

アプリはライブ配信する側は

At Home Video Streamer というアプリをインストール

見る側は At Home Cameraをインストールします。

アプリのダウンロードはこちらのページからどうぞ

準備は終わり。(細かい設定等は割愛させていただきます)

 

そして、準備できたスマホを水槽近くの柱に・・・・

 

ドン

 

設置完了!とっても簡単です。

 

スマホとアームでの監視なら、移動させたいときも簡単です。

 

そして見る側のアプリを起動すると!?

 
 
 
 
 
 

こんな感じでみれます!

 

画質も綺麗で魚がはっきりと見えますね。

 

今回は写真での紹介ではありますが、動画でみても、ラグやカクつきも気になりません。

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

代表の山田様に、「こんなに綺麗に見えるとは思ってなかった」、「みんなこれすごいから使ってみて」と紹介して頂いたりとても満足していただいている様子を見て、思わずニヤけてしまう政栄でした。

 

お礼

代表の山田様並びに株式会社ダイケ―の皆様、この度は大変お世話になりました。

また、現地の作業の際に頂いた、お昼ごはんとてもおいしかったです。

何かあればいつでもお声掛けください。
 
 

最後に

ライブ配信について、もっと詳細を!

という方がいましたら、お気軽にdiffeasyまでお問い合わせください。

written by

政栄 芳明

スタッフ・エンジニア
政栄 芳明