Blogブログ・読みもの

2018.06.15

プロジェクトマネジメント勉強会#2@GMOペパボ

政栄 芳明

スタッフ・エンジニア
政栄 芳明

diffeasyの働き方 ありがとうございます 仕事の流儀 技術



こんにちは。diffeasyの政栄です!!

最近パーマをかけました。結構髪長かったのですが、パーマと同時に少し短くもなり、今の季節にちょうど良い爽やかボーイになってます!

 

さて、今回は2018/06/06(水)に実施した、プロジェクトマネジメント勉強会の模様を元気よく報告していきたいと思います!

 

第2回プロジェクトマネジメント勉強会を実施しました

お礼と案内

 

今回の勉強会はGMOペパボ様が場所を提供してくださいました。

大変ありがとうございます!

並びにたくさん方々のご参加ありがとうございます。

第2回の振り返りの前に。。。

 

実は第3回プロジェクトマネジメント勉強会の開催が決定しております。

 

そしてまたもや。GMOペパボ様が会場を提供してくださいます。

 

GMOペパボ様のホームページはこちらから。

 

[タイムテーブル]

  • Kakisoft代表 垣花 暁 様 【プロジェクトマネージャーに聞いてほしい、「提案を聞く心がまえ」の提案】
  • GMOペパボ株式会社 瀧口 舞 様 【プロジェクトマネジメント失敗談】
  • さすらいPM 高取 大輔 様 【お客様目線で考えるプロジェクトマネジメント】
  • 株式会社ヌーラボ 藤田 正訓 様 【プロジェクトの成功とメンバーのモチベーションの関係】
  • 株式会社diffeasy副社長 白石 篤司 【「PM未経験者」による差がつくPMコミュニケーション術】

簡単ではありますが、各登壇者のLTの内容をおさらいしたいと思います。

 

Kakisoft代表 垣花 暁 様より

プロジェクトマネージャーに聞いてほしい、「提案を聞く心がまえ」の提案

 

こちらはプロジェクトマネージャの視点ではなく、プロジェクトマネージャに提案をする側の目線でのお話でした。

みなさんは誰かに提案をして、その意見を否定されたことはありませんか?

提案を否定する場面も確かにあると思いますが、その後のプロジェクトをうまく進めるためには、否定の仕方を意識しないといけません。

提案や意見をしてくれることはとても貴重ですので、発言してくれた人の気持ちを考えて大切にしていきたいですね。

 

 

GMOペパボ株式会社 瀧口 舞 様より

プロジェクトマネジメント失敗談

初めてのプロジェクトマネージャをプログラマ、プロジェクトリーダーなどをすっ飛ばして体験し、その中での失敗談を話していただきました。

プロジェクトの成功体験だけでなく、失敗談を聞けることは自分の教訓として活かしやすく、貴重な話を聞けました。

滝口さんは次回プロジェクトマネージャを任されたときは

・バッファーをとる
・チームを信じる
・タスク管理手法はみんなで

上記3点を意識して望むとのことです!

 

 

さすらいPM 高取 大輔 | お客様目線で考えるプロジェクトマネジメント

お客様から見た良いプロジェクトマネージャはこんな人だということをPMBOKを絡めながら話していただきました。

プロジェクトマネージャはプロジェクトメンバーと、お客様との間にいる重要なポジションですし、お客様側の視点の意見というのはわかっていたようで新鮮なLTでした。

またこのようなLTができるのは元ベンダでPM経験があり、その後お客様側へとJOBチェンジされた経緯があるからこそだと思いました

 

 

株式会社ヌーラボ 藤田 正訓 | プロジェクトの成功とメンバーのモチベーションの関係

なんでもできるスーパーマンのようなPMは誰にでもできるわけではないですし、PMが全てこなすとPMに多大な負荷がかかります。

そこで、プロジェクトメンバーのモチベーションを管理し、仕事を任せて行くことが大切で、そのために、藤田さんが行っていることや意識していることを紹介してくださいました。

プロジェクトメンバーのモチベーション管理のために実施していることの一つがone on oneでのランチなどとのことです!

 

 

株式会社diffeasy副社長 白石 篤司 | 「PM未経験者」による差がつくPMコミュニケーション術

弊社のCOOはご存知の方も多いとは思いますが、ITとは別の世界にいました。

しかしながら、コミュケーション術でプロジェクトマネージャをこなしています。今回のLTではプロジェクトマネージャをこなすにあたって、実践しているコミュケーション術を紹介してくださいました。

その中の一部ではありますが、紹介します。

まず、初めてのお客様と会う際は必ず、その会社の採用情報を見るようにしている。

理由は「欲しい人材」=その会社が目指している未来

目指している未来に寄り添うことでコミュケーションがしやすくなりそうですね!

 

以上で、レポートを終わります。

 

 

最後に

株式会社diffeasyではプロジェクトマネージャの育成に力を入れています。その活動を紹介します。

1.今回のようなプロジェクトマネジメント勉強会

こちらは現在3ヶ月に1回のペースで開催しており、みなさまの経験やコツなどの発表しています。

興味のある方はこちらから

 

2.プロジェクトマネジメント道場

コース

  • 白帯コース:基礎から学ぶプロジェクト・マネジメント
  • 黄帯コース:クリティカルPMコミュニケーション
  • 茶帯コース:円滑に進めるエビデンス戦略
  • 黒帯コース:プロジェクト・コントロール術

日程:3ヶ月(6回×3時間)

みっちりプロジェクトマネジメントを学ぶことができます。

 

3.プロジェクトマネジメント道場【体験クラス】

プロジェクトマネジメント道場の1日体験クラスでいきなり道場に通うことに抵抗や迷いのある方に道場の内容の一部を体験していただいます。

written by

政栄 芳明

スタッフ・エンジニア
政栄 芳明