Blogブログ・読みもの

2017.04.12

GLOBIS卒業生メーリングリスト掲載御礼

白石 憲正

代表取締役CEO
白石 憲正

ありがとうございます



グロービスさん、毎回恐縮です。
活躍なんて、まだまだこれからですが、取り上げていただけることに感謝です。
以下、引用させていただきます。

2.卒業生の活躍
卒業生のご活躍を、各キャンパスからお届けしています。
第9号は【福岡校】から、2014期生の白石憲正さんをご紹介いたします!
経営者の同期メンバーに刺激を受け、ご自身も以前からの目標であった起業に踏み切られました。福岡のビジネスプランコンテストで優秀賞を受賞されるなど、地元では注目されるベンチャー起業家のお一人です。現在の仕事内容ややりがいについて、お話を伺いました。


   

  ◆現在のお仕事内容を教えてください
グロービス在学中の2015年に起業し、法人様向けのシステム・アプリ受託開発および自社サービス開発の2つの事業を行っています。社名のdiffeasyは、difficult to easyの造語で、「世界中の”むずかしい”を簡単に」を、経営理念に活動しています。
(1)diffeasy受託開発の特徴
システム化の内容を決める「要件定義」部分が他社との差別化要因です。まず、お客様および関係者全員から徹底的にヒアリングを行い、私たちも実際に現場で働きます。宮崎県の木材工場のお客様から、現場で使用す るタブレットシステムの開発を依頼されたことがありました。社員の皆さまは「高齢で、スマホは触ったことがない」という状態だったのですが、徹底的に対話を重ね、今では「このシステムがなくなると、困る」と言われるほどの必需品になっています。社長からは「このシステムが入ってから、社員の行動が変わった。システムを通して、社員の気持ちにスイッチを入れていただきました。」という言葉をいただきました。お客様の行動や意識が変わる一助となれることは、素直に嬉しいです。

(2)自社サービス「KOJO-SHiN」
スポーツ大会において、運営サイドの負荷を軽減し、選手は大会の情報をリアルタイムにスマートフォンで受け取ることができるウェブサービスです。例えば、参加者が500名に上る武道大会でも、トーナメント表は手作業で作成されています。過去の対戦結果やシード枠を考慮しながらの作業は、まるで難解なパズルを解くかのようでした。「KOJO-SHiN」を使うと、このような煩雑な作業をボタン一つで簡単に完了できるようになります。また、選手は、自分の決め技を動画で試合直後に見ることができます。本サービスは、北海道銀行、ふくおかフィナンシャルグループ主催のビジネスコンテスト『X-Tech2016』にて優秀賞をいただきました。

◆今後の抱負、次の挑戦を教えてください

東京オリンピック後の日本の産業を創りたいと思っています。その種が「KOJO-SHiN」です。日本発案のスポーツウェブサービスを世界に展開していきます。また、私たちの会社は、理念追求型でありたいと思っています。世の中の「むずかしい」課題を、一つひとつ「簡単に」する。この軸はぶらさない一方で、柔軟性の高い組織であり続けたい。世界へ進出するためには、信用・信頼や資金余力も必要です。そのための手段を日々考え、実行と修正を繰り返しています。この行ったり来たりを大切に、着実に未来に進んでいきます。

———————-
在学中から、クラスの議論を盛り上げたり、メンターとして単科生の皆さんのサポートをいただいたりと、福岡校一期生として、福岡校の良き文化・雰囲気醸成に大いに貢献いただきました。「グロービスの卒業生として胸を張れるよう、仕事で結果を出し続けたい」と、意気込み十分でいらっしゃいます。白石さんの益々のご活躍を、事務局スタッフ一同、心より応援しております。 (記事:福岡校 林田 真裕子 ※2017年3月インタビュー)

———————————————————————————
システム・ソフト・アプリについてお困り・ご相談はお気軽に!
福岡のシステム会社diffeasy(ディフィージー)
TEL:092-710-7216
メール:info@diffeasy.com
https://diffeasy.com
https://www.facebook.com/diffeasycom
■グループ会社
福岡県の安くて美味しい「お米」の配達は白屋にお任せ!
白屋:http://shiroya.info

written by

白石 憲正

代表取締役CEO
白石 憲正