Blogブログ・読みもの

2017.12.06

麻生情報ビジネス専門学校様にて、講演させていただきました

白石 憲正

代表取締役CEO
白石 憲正

学生



有給実践型インターシップ制度

diffeasyでは、有給実践型インターンシップ制度があります。

現在、麻生情報ビジネス専門学校様から学生2名が立派な戦力として活躍してくれています!

彼らの実績に応じて、給与・報酬も連動する形でお支払いするというやり方です。

【参考】インターンシップの報酬・給料は平均いくら貰える?

講演会に至るまで

弊社としても、彼ら学生の活躍でとても助かっているわけですが、学校目線(担当の先生)から見ても「学生の成長」や「実践型学習」を高評価いただいているという嬉しい声をいただきました。

そして今回、麻生情報ビジネス専門学校様からのご厚意で、90分間の講演会のご依頼を。

内容は「白石憲正のこれまでの会社員から起業に至るまでの経験談、現在のIT業界について、弊社インターンシップ制度について」を学生達に話しをして欲しいとのことでした。

講演会当日

就職活動を控えた3年生約25名のクラスで講演会をさせていただくことに。

私が学生から会社員時代の、楽しかったことや、苦労したこと、成長したことを。

そして「起業しよう」と思ったキッカケやコンプレックスについて、ざっくばらんにお話しをさせていただきました。

私自身としても90分間(質疑応答20分含む)もの時間をいただいての講演会は初体験。

一応5〜10分ごとに笑いが起きるようなネタも仕込む工夫もし、まずまず皆さんの笑顔を引き出すこともできました。

質疑応答で学生さんから「起業リスクなどを家族への説得は?」や「システム作りで一番心がけていることは?」など、いい質問を沢山いただきました。

そして・・・

「会社見学に来たい!」という学生さんが5名(25名中)以上いるという嬉しい情報を!

既にインターンシップをしている学生さんにスケジュール調整や見学の取りまとめをお願いすることに。

いやぁー、学生の皆さんが直ぐに行動に移してくれようとしていて感動しています。

これからの会社見学も気合入れて頑張ります!

そして学生の皆さん、よろしくお願いいたします!!!

written by

白石 憲正

代表取締役CEO
白石 憲正