Blogブログ・読みもの

2017.02.18

初めてのプロジェクトマネージャー経験

白石 篤司

取締役副社長COO
白石 篤司

diffeasyの働き方 仕事の流儀 学び



このdiffeasyブログを更新するのは初めてです!白石弟です。

私が初めてプロジェクトマネージャー(PM)として、携わった案件が形になってきたので、ご紹介をしたく、初のブログ更新をしております。

案件は、以前のブログでもご紹介しました・・・
https://diffeasy.com/posts/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/79
宮崎県にある木材建築工場様です。

それ以前の前提として、私はとにかく兄とは違い、勉強ができません。
元気だけが取り柄のような男です。

正直、自分がお客様の満足のいくシステムを構築できる自信がなかったです。

以前のブログに記載している、(4)自社システムを開発し、導入するのフェーズに無事入る事ができ、自社システムの開発を開始したのが昨年の10月頃でした。
まず、プロジェクトマネージャーとして行った仕事を明記します。
ⅰ・開発前の現場の各担当者との折衝・開発計画立案
ⅱ・プロジェクトチーム始動準備
ⅲ・開発中の進捗管理・監督
ⅳ・開発後のテスト、レビュー
当たり前のフローで仕事を進めていく上で、大きな壁にぶち当たります。

それは、前回ブログでも書いていましたが、お客様はシステムの「シ」の字もわからないお客様だったので、話をする中で出来上がりのシステムのイメージができていないのです。例え話で、iPhoneの・・・と言うも、iPhone?といった状況でした。

これは、完全に自分の怠慢だと反省をしました。

自分の常識を押し付けて、お客様が困っている。。。。
そこで、とことん話をして、絵をラフスケッチで書いてみたりしながら、少しづつイメージをつけていきました。

一緒に、物作りをする楽しさをその時に感じました。

そして、やっとのやっとで、出来たシステムを導入したのが、12月末。
先々週、開発システムが使われてたらいいなーって恐る恐る訪問してみました。

そしたら・・・。

〇財務責任者様:E様より、宮崎の補助金の集会に行った際に、集会のコンサルタントが開口一番に、材木屋もタブレット導入の時代です。と言われ、周りの材木屋さんがへぇへぇって頷いていたが、うちは全て導入しているなーって、ニヤニヤして優越感を感じました!

〇社長様 :T様より、システムの話を通して、社員との距離が近くなったし、日頃提案などしてこなかった社員が提案をしてきてくれている。副次的効果を生んでいる。   若い層が高年配層に教えれる(タブレット使い方)から関係性がとてもよくなっている。 逆に、現場作業などは年配層が若い層に指導しているが、お互いに教えあっているから若い層も年配層に聞きやすくなっている。(以前は、相手の時間を止めてしまうから気を遣っていた)
〇現場:Q様より、もうこのシステムがないとダメな状態になりました。
そこで、こんなものを作ったんですよ!!

 

弊社開発システムを大きな液晶にミラーリングして、高年齢層にこれでもか!って図面を大きくしてみました!笑”
正直、鳥肌がたちました。
当然嬉しくてです。
もともと、システムの「シ」の字もわからないって言っていたはずなのに、率先して楽しみながら調べてくれて、僕にもできないような事をしてくれていました。
私「貴社のおかげで成長させてもらっている事を、心から感謝します。」
先方社長「白石さんに任せたら、間違いない事は知っているから、一緒に大きくなろうよ!」
私「私が、成長負けしそうで怖いです。。。」
こんな僕にでもできたシステム開発の話でした。
(それが出来たのも、とても優秀な仲間が助言をこれでもか!ってしてくれたおかげなんですが、偉そうに僕にもできたって言ってみたくてですね(笑))
長文を飽きずに読んで頂きありがとうございます!

———————————————————————————
システム・ソフト・アプリについてお困り・ご相談はお気軽に!
福岡のシステム会社diffeasy(ディフィージー)
TEL:092-710-7216
メール:info@diffeasy.com
https://diffeasy.com
https://www.facebook.com/diffeasycom
■グループ会社
福岡県の安くて美味しい「お米」の配達は白屋にお任せ!
白屋:http://shiroya.info

written by

白石 篤司

取締役副社長COO
白石 篤司