Blogブログ・読みもの

2017.10.16

自社サービス開発・オーダーメイド開発で大切にしていること

白石 篤司

取締役"福"社長CHRO
白石 篤司

仕事の流儀



開発システムに命を吹き込む作業

システムは「無機質」=どこか冷たくて、面倒なものというとらえ方をする人が少なくありません。

そこで、diffeasyが大切にしていることは、タイトルの「開発システムに命を吹き込む作業」です。

命を吹き込む?システムに人工知能を入れてロボットにしてしまえーって話ではありません。

たった一つの大切にしていることがあります。


現場のお客様と共創すること

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」というどこかで聞いた事のある、お言葉をお借りするなら・・・「課題はdiffeasyで起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」の精神を大切にしています。

開発をする上で現場を最大限に優先する理由が2つあります。

1.課題の認識相違を未然に防ぐ

自社サービス開発及びオーダーメイド開発に共通することです。

自社サービス開発で意見を下さる人(使用想定対象ユーザー)も、オーダーメイド開発のお客様もシステム開発に関わることが初めてである事が今のところ100%です。

同じ「目的」を定義したとしても、その伝え方や受け取り方は人によって異なります。
そのときに使う表現によって勘違いされてしまう場合もありますし、個々人によっての理解能力やコミュニケーション能力の違いも大きく関係してきます。
結局のところ、この「認識の相違(ズレ)」というのは、お互いのコミュニケーション不足が主な原因であると考えます。
そもそも、自分にとっての常識が相手にとっての常識ではないし、同じものを見ても相手は全く違う認識をしているかもしれない。そんな当たり前の危機感をお互いに持つことが重要です。
その場の雰囲気に流されず、面倒くさがらずに、話し合いの場を持って情報を共有する。
伝える側、受ける側の双方がお互いに理解できているかを確認し合う。
単純なように見えるコミュニケーションをきちんと取ることを重要視しています。

2.システムの育ての親になってもらう

共に創るメリットの一番はここかもしれません。

システムを創る上で、現場の人のアドバイスを取り込んでいくと、より良いシステムに当然なっていきます。それ以上に、現場の人は手間暇かけてシステムの設計部分から関わっているという責任感と愛情が生まれてきます。

そのような人が現場で増えていけば、そのプロジェクトは必ずと言って良いほど上手くいきます。

システムに命を吹き込めるまでの骨格づくりはdiffeasyの仕事ですが、実際に命を吹き込むことができるのは現場で使用する人だと考えます。そのため、diffeasyは常に使用するユーザーがどういう風にすればもっと楽にミスなくいけるだろうか?ということを常に考えています。

技術のできるできないは後から考え、まずは現場の人が望む機能を最優先に!

の気持ちをdiffeasyチーム一丸となり開発していきます。

written by

白石 篤司

取締役"福"社長CHRO
白石 篤司