Blogブログ・読みもの

2017.11.10

むずかしいシステムは嫌い

鶴田拓郎

ジェネラル・エンジニア
鶴田拓郎

diffeasyの働き方 仕事の流儀 熱烈募集



戦国武将は好きですか?

みなさん、戦国武将は好きですか?好きな武将はいますか?

私は小さい頃から本を読むのが好きで歴史物も多分に漏れず読みます。
その頃から私の心を一番ワクワクさせてくれた武将は「織田信長」です。

何が一番ワクワクするかって、織田家に仕える周りの武将含めてすごいところ。
ヒーロー戦隊ものよりずっとキャラが立ってます。

「かかれ柴田に退き佐久間 米五郎左に木綿藤吉」という織田家の面々を表す言葉があります

突撃に強い柴田勝家、退却のうまい佐久間信盛、米のように必要な丹羽長秀、木綿のように丈夫な羽柴秀吉

を表しているそうです。キャラ立ってますね!

織田信長は天下統一は成し得なかったのですが、強い信念を持っていることと
優秀なメンツと共に強大な敵を倒していく史実に憧れていました。


世はシステム戦国時代

今は情報化社会と言われていますね。戦国時代ではありません。

が。。

「むずかしい」という敵だらけだと思っています。

 

便利な世の中になったとは言われていますが、真に便利なシステム、誰にでも使えるシステムは

本当に一握りで、現在作り手の技術や環境は整備されてきたものの、できたものは一人よがりのものも多く、

システムの数こそあれど、まだまだむずかしいと言う問題に対しては黎明期(戦国時代!)だと感じます。

便利なんだろうけど使うのが面倒なシステム、多いと思いませんか?

 

私はこのシステムが本当に人の役に立つのかなという疑問と、

結果役に立てばいいな、という無理やりの自己肯定の中、サラリーマンを13年続けました。

そんな中一人の武将と出会います。


diffeasyの武将

前述の武将は、うちの社長の白石憲正なのですが、

織田信長のような、合理的、先進的、ワクワクさせる、そんな人です(残忍ではないです)

何よりもむずかしいシステムが嫌いという点で私の心を鷲掴みにしました。

 

そうこうしていると不思議なもので、同じような想いを持つ多様なメンバーが集まってきました。

先ほどの、織田家の面々を表す言葉にまさに該当するメンバーがいるような状態で、

私を含め、みんな癖がありますが、結果、攻守バランス良く、面白いメンツです。


diffeasyのこれから

私が今diffeasyとして働いて、一番実感していることは、個としての能力の上昇です。

特にお客様の言葉の端々から本当に求めているものは何かを考え、物作りに落とすところを意識することが

一番の能力の上昇に繋がっていると感じます。

 

今後は、この個の能力をチームに還元し、diffeasyに還元し、お客様に還元し、

世の中の「むずかしい」敵を倒していくことができれば、心からの幸せになると信じています。

 

まだまだdiffeasyも黎明期であり、同じような想いを持つ方を募集しております。

「むずかしい」敵を倒したいと思われた方、是非ご一報ください。

一緒に、この「むずかしい」戦国時代を終わらせ、「かんたん」にしてしまいましょう。

written by

鶴田拓郎

ジェネラル・エンジニア
鶴田拓郎