Blogブログ・読みもの

2018.11.13

入社して1年。元金融系エンジニアがWebエンジニアになった結果・・・?

政栄 芳明

エンジニア
政栄 芳明

diffeasyの働き方 ジョイン



ども〜政栄です!! 

私、、10月でdiffeasyに入社して1年になります。

そこで、空前絶後の超絶怒涛な1年を振り返っていきます。

 

実は自分は入社ブログを書いてなかったので、ついでに少し前職(金融系)でやってきたことから転職のきっかけ、この1年やってきたことなどを書いていきます。

 

ちょっと長いですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

特に自分は今27歳なんで、同年代の人とかに読んでもらって、残り30年くらいの「働く」ということについて一緒に考えていけたらって思ってます。

 

 

■ 前職(金融系)でやってたこと

 

まず前職では金融系のエンジニアということで、プログラム言語としてはCOBOL(こぼる)や、PL/Ⅰ(ぴーえるわん)からさらには、Assembler(あせんぶら)を扱ってました。

 

COBOLとかPL/Ⅰってな~に!?

 

ざっくりいうと大体1960年代くらいから使われていたプログラム言語で、とにかく昔からある大規模システムの開発に使われてました。

コンパイルして、リンケージして、メモリ空間のアドレスを意識したりなど、なかなか手の焼ける可愛いプログラムです。

 

大規模なやつはいっきに新しくするのはとってもリスクがあるので、今でもバリバリ開発している人がいるのです。

 

ちなみに、プログラムを学校で習うときに最初に習う、C言語は1972年くらいに出てきた言語でRubyは1993年くらいです。

1960年代のイメージはこれ。【日産・スカイライン2000GT-R(初代)】

一方現代はこれ!!【日産・GT-R(6代目)】

ちなみに今はスカイラインという名称はついてないよ。スカイラインって車種はスポーツカーじゃなくなってて・・・・

 

ぁ車の発売時期と言語の登場時期合わせてはないので、ざっくりイメージです。

なんで言語いっぱいあるの?ってのは、車のマニュアルとオートマみたいなもんですね。誰でも扱いやすいようにとかそんな感じで色々増えているわけですよ。

 

と、、と、、、とにかく古い言語を使ってお仕事をしてました。

 

■ 転職のきっかけ

 

古いシステムも楽しかったんです。

なかなか誰でも扱えるわけでもないし、ましてや金融系という割と身近だけど、中身全然わからないシステムを扱っているという楽しさがあって、、、

 

ただ、なんかやっぱり新しいことやりたくなったんですよ!!

上の画像でいう6代目GT-Rに乗ってみてぇ!!そんな感じです

 

もちろん古い言語から新しい言語への不安はすっごくあって、でも自分はパソコンを扱うことがすごく好きで、

特に「できたっ!!」っていう感覚、その瞬間がたまらないんです。

古い言語だとどうしても、覚えきってしまって苦戦することが少なくなってくるんです。

 

そんなこんなでやりたいことをやれるdiffeasyへと転職しました。

 

弊社の企業理念は「世界中の”むずかしい”を”簡単に”」です。

つまり無限に「できたっ!」って感覚を味わえるんです。

だってうちの仕事はむずかしい内容が多いので、簡単にする楽しさを味わいまくり。

 

■ diffeasyでの1年間

 

diffeasyにjoinして実務やりながら、Vue.jsとかRuby on Railsのお勉強。

もともと金融やってた自分にはバックエンドの方がとっつきやすくて、1年立ちましたが未だにjavascriptやCSSが得意になれません。

 

でも一人でフロントもバックも開発できるようになりました!!イエェェェーーーーーイ

 

さらに、〇〇使って実装してみたいです

 →とかが、「どうぞ」ってなるんです。

何やってもいいの!?そんな気分で過ごしてきました。

もちろん失敗したこともあります。でも開発してることが楽しくて。

開発してて、気がついたら時計があららなことになってたり、でもこれはゲームやってて、楽しくて夢中に。。。ってのと同じ感覚なんですよ。

そんな気分で楽しく過ごした1年でした。

 

あとまぁ一応自分エンジニアなんですけど、広く浅くやってるタイプで、

今の弊社ホームページのTOPに流れる動画とかカメラマンさんにとってもらった素材をベースに自分が作ったり、弊社のTシャツ作ったりしてました。

まぁCOOにイメージ書いてもらって、Illustratorでそれを作ったって感じですけど。。

 

あとは社内slack用のスタンプ作ったり、LGTM用のGIF作ったり・・・

趣味で動画編集とかやってて、そういうのも活かせる職場ってのが本当に好きです。

本当はがっつり色々開発できる凄腕エンジニアになりたいんですけど、自分はなれそうにないです。アルゴリズム系苦手なんです。

でも諦めてはないんです。絶対なれないとわかってても一生凄腕エンジニアになりたいそう思って過ごしてます(笑)

 

なんかdiffeasy大好きマンになってしまった。否定できないけど

つまりは古い環境から新しい環境でもビビらずいけば、楽しく過ごせるってことです。

 

■ これからやりたいこと

 

弊社では入社という表現をしないで、JOIN(加わる)という表現を使います。

これは、会社にぶら下がるのではなく、思いが一致したから、一緒に仕事する。ということに由来していて、

 

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」(交響詩篇エウレカセブン)

 

ということです。アニメのセリフなんですけど、このセリフがすごい好きで。まぁエウレカ自体大好きなんですけど(笑)

 

この1年間、割と与えられてきた気がします。これからは勝ち取りに行こうかと。

そんでもって具体的な目標があるんです。ここに書くと実現できなかったら恥ずかしいけど気合だ

副業でお金を貰うことです

これがJOINという表現を体現することになるんじゃないかと思ってます。

 

今やってるのは先輩(女性)が自宅ネイリストになるというので、その人のホームページを副業するお勉強でやらしてもらってます。

 

■ 最後に

 

本当にここまで読んで頂いてありがとうございます。

最初に『同年代の人とかに読んでもらって、残り30年くらいの「働く」ということについて一緒に考えていけたらって思ってます。』なんてこと書いてみましたけど、

書き始めたら色んな思いがうわーってなってきて、勝手にタイピングしててうまく表現できてないと思います。

それぞれ働き方は違うと思うけど、自分は、「自己成長を目標に働く」っていうスタンスの紹介みたいになってる気がします。。。

 

 

最後の最後に。。

僕が乗ってた車(色々あったんです。)はこれ。実は古い車の方が好きです。いつかまた乗りたいです。→がんばります!

written by

政栄 芳明

エンジニア
政栄 芳明

Twitter