Blogブログ・読みもの

2018.12.27

【人事ブログVol.2】外部パートナーが本音で語る、diffeasyの自由な働き方

白石 篤司

取締役副社長COO
白石 篤司

diffeasyの働き方 人事



外部パートナーが本音で語る、diffeasyの自由な働き方

飲み会ラッシュで体重もりもり増量中の篤司(あつし)です。

今回は、現在diffeasyで週3日常勤で来てくださっている外部パートナーの「玉井秀樹さん(WALNUT)」から見たdiffeasyの本性を探ってみました。また、臨場感をだすべく対談形式っぽい感じのブログに仕上げてみました(^^)

緊張した面持ちからスタートする2人・・・。

目次

外部パートナーの玉井さんについて

篤司
今更ですが、玉井さんって今までどういうご経歴なんですか?(笑)
玉井さん
ほんと、今更ですね(笑)大学を卒業して営業の仕事をするんですが、合わないなーって思い、前々から興味のあったデザインの勉強をするためにデジタルハリウッドでWebデザインの勉強をして、Web制作会社に就職した後に独立しまして、この仕事はもうすぐで10年といった感じです。
篤司
おぉやはりご経験豊富ですね、今回お願いした向上心LPの評判はとても良いです、情報量は多いけどそれを感じさせず綺麗にまとめられていると声を頂いてます。何か意識されました?

玉井さん
今まで、官公庁系のお仕事をすることが多くありまして・・・例えば、●●町役場のHPとかだと、載せないといけない情報量多いのが特徴的でして、何を伝えたいかバランスをとるという経験が活きたのかなぁと思います。

篤司
なるほど!確かに共通点多くありますね。とてもピッタリな方にお願いできてよかったです、ありがとうございます。フリーランスになるきっかけって何かあったんですか?
玉井さん
制作会社に勤めていた間にWeb制作を全方位的に経験できたなと感じ、何のあてもなくフリーランスになったんですが(笑)

最悪また就職どっかにしようかな・・くらいで独立したと微笑みながら

玉井さん
営業をしたことがなく、人の紹介でお仕事をさせてもらってまして。

篤司
す、すごい!!とても良い状態ですね。どうして紹介してもらえてるんだと思います?

玉井さん
自分の中で今思えば良かったなと思う所が2点ありまして、1点目が、片岡さんもですが、Japan Growth Hacker Awards 2016(※Webページを改善して売上向上に貢献すること)で賞をフリーランス1年目で頂いた事により、多くの人に知ってもらえたことは大きかったですね。何百本という会社さんのWebページのグロースハックを手掛けて様々な知見と経験を得ることができました。

篤司
玉井さんもグロースハックで受賞されてたなんて知らなかったです、すごい!しかもフリーランス1年目に。。では2点目はなんでしょうか?

玉井さん
2点目が、デジハリ(デジタルハリウッド)の講師ですね。Webデザイナーになりたい20名くらいの方に講義をしているのですが、わかりやすい実績が積めたかなって思います。ただ・・・僕は、あまり人前で話すのが得意な方ではなく、とても(話す内容を)考えすぎますし、プレッシャーを感じてしまうんです。今講師をやって2年くらいになるのですが、話すことがうまくなったのかなと自信をつけることができました。

篤司
それは確かに自信になりますよねー。自分も人前で話すのが得意ではないので、とてもわかります。。。それでは本題に入りたいと思います(笑)diffeasyとの仕事ズバリどうですか?

diffeasyとの仕事ズバリどうですか?

玉井さん
diffeasyさんに参画するきっかけは、内部で働いている知り合い(片岡さん)が楽しそうだったからです。片岡さんのジョインブログを見て、片岡さんが言うなら本当だろうなっと思いました(笑)

篤司
それすごくわかります(笑)別に組織が良い悪いというのはなしに、片岡さんは素直な人だから忖度するタイプではないということでしょ?(笑)

玉井さん
そうですそうです(笑)器用に忖度するタイプじゃないですもんね(笑)そして本題に戻りますが、一緒にお仕事していて一番感じたのが「自由」ですね。

篤司
自由ってのは何が自由なんですか、うち(diffeasy)って?

玉井さん
そうなんですよー、実は色々な意味を含んだ上での自由だと思っています。最初、篤司さんとも話した通りなんですが、あまりに管理されなくてこちらが不安になるという(笑)

篤司
言ってましたねー(笑)

玉井さん
信頼して頂いている事自体は嬉しかったんですが、なぜここまで信用してもらっているのかわからず不安でした。また、自由という点で言うと、社員の方を見てると、今日は用事があるので休みますや、今日は集中したいので在宅します。など、本当に「自由な働き方」を実践しているなと思いましたし、表向きだけじゃないから素晴らしいなと思い、会社としてそういう働き方を目指す気概が伝わって、私自身、とても信頼できる会社だなと感じました。

篤司
とても嬉しいですね、双方の信頼関係。とても大切なことです。

玉井さん
ズバリ一緒に仕事していて、気づかせてもらってます。何かと言うと、チームで開発する楽しさ。なぜかと言うと、参画しているメンバー全員が、この自社サービスを本当に良くしたいという思いがすごく伝わったからです。通常は予算やスケジュールをとことん切り詰めて行う会社が多いのですが、diffeasyさんはそれをしない、とことんサービスを良くする方に時間とお金をかけてくれるため、作り手である私のような立場からすると、よしっ必ず良い物を作るしかないでしょ!という気にさせられました。実は、ここまで感じたのは初めてかもしれないです

篤司
本当ですかー!!!いやぁ嬉しいっすねー。これやって!あれやって!というのは確かに絶対ないですね、良い物を作るしかないと感じた部分、もう少し聞いてたいですねー(笑)

玉井さん
皆で意見を吸い上げて、それを取り入れて形にしてしまうっていうのを見ちゃうと、自分が参加しているという気持ちになり、とても楽しくなるし、自分もちゃんと考えてやらなくちゃと焦りますが、こういう仕事やりたかったなーと気付きました。あと、自分はインターネット全般好きなので、政栄さんが僕よりも色々とWebサービスの知識やPC知識などあってそれを聞いているだけで、それがとても単純に楽しいです(笑)

篤司
趣味嗜好が近いメンバーがいるってのは嬉しいですね。良いことばかりを言ってくださってるのですが、忖度しない玉井さんにこそdiffeasyもっとこうした方が?って部分お聞かせ頂きたい(笑)

diffeasyもっとこうした方が良いのでは?

玉井さん
僕は、気軽に人前で話すという事が難しい性格でして、、(大衆の前で)話すことが決まると真剣にとても考えてプレッシャーになってしまいます。

篤司
なるほど。

玉井さん
ただ、フリーランスとなるとそういう性格だと、結構苦しめられてきまして(笑)結構依頼多く、請けてしまうとそのための準備などで予定が詰まってしまいまして・・。

篤司
具体的にどのような依頼があるんですか?

玉井さん
勉強会とかのLT(※実績発表)依頼が多いですねー。話すこと自体ネガティブとかでは全くないんですが、自分の性格と照らし合わせた時に準備時間に要する時間投資と精神的ダメージがすごくてですね(笑)こういうLT依頼は慎重に対応しようと思ってます。

篤司
あーすっごくわかります。自分のエゴになってないかなーとか聞き手は何を望んでるんだろっとか色々気になってしまいますよねー。それとdiffeasyもっとこうした方がとどう繋がるんですか?

玉井さん
はい、そうですよね。現在diffeasy主催の勉強会や、メンバーの他勉強会への参加がめちゃくちゃ多い会社だと思っていて、メンバーがそういうのに参加しないといけないっていう気持ちになるとすごくプレッシャーに感じる人が現れるだろうなって外から見ていて感じることですね。皆さんが全員楽しいと思うなら僕は良いと思いますけどね。

篤司
意外な観点で新鮮です、勉強会ですねー、行かないといけないとなることは絶対違います。行きたい!そこに知りたい情報があるから行く!が自然ですよね。行く目的がブレないようにしないと確かにプレッシャーだけ感じてしまうという事ありえますよね、貴重な意見ありがとうございます。

玉井さん
ですね、明確な目的意識がないと意味がないと思っています。そして勉強会に参加する中で一番インプットがあるのは発表する側と運営する側だと思っていて、、、だから発表は大事なんでしょうが、人によってはプレッシャーになるだろうなーっと。(笑)

篤司
本音でありがとうございます、ここらへん今一度考えてみます。せっかくなんで他にないですか?

玉井さん
最後に一点思っていることがありまして、前略でお伝えした通り、皆さんの意見を吸い上げて形にしてくれる反面、仕事にスピード感がでないなと感じる部分もあります。ケースによっては、これはこうしてくれ!と決めつけてくれるような場合もあって良いのではと思います。まぁ個人の成長をとことん考えてくれてるからなんでしょうが・・どっちが良いかわかりません(笑)

篤司
よく組織を考えてくださってる(笑)ますます玉井さんの事が好きになりました。これは、仰ると通りケースバイケースで動ける組織は強いとは思います。しかし基本的にまだ今は、意見吸い上げて形にするというスタンスを貫こうと思ってます。その手法が慣れてくると、(不在のメンバーがいたとして)あのメンバーだとこう考えるだろうなとかができるようになり、さらにはエンドユーザーはこう感じるだろうなっていう、人の考え方を知ろうとする癖がつくといいなと思っていてですね。私はそのような会社になると、とても強いと思っているからです

玉井さん
なるほど、とても良いと思います。そういう目的があってからこそなんですね。

篤司
依存関係ではなく、協力関係でメンバー間が繋がっているので私自身とても居心地が良いです。最後私よりの話をしてしまい、すみません。本日は本当にありがとうございました。普段話せないような内容が聞けてとても嬉しかったです。

玉井さん
それはそうですよ(笑)普段からこんなことを話してると何様だよってなりますよ(笑)引き続きよろしくお願いします!ありがとうございました。

無事、打ち解けあえました!同級生(笑)

written by

白石 篤司

取締役副社長COO
白石 篤司