Works実績紹介

vol.13

茨城県 株式会社 TWENTY 様

【商品受注/生産管理システム】福岡と茨城、リモート環境でのシステム開発プロジェクト。

 

まずはじめに事業内容を教えてください。

 

弊社は茨城県つくば市でTシャツのプリント加工と看板のデザイン制作等を行っている会社です。近年Tシャツのプリント加工の需要が増え、現在はウエアプリントに力を注いでいます。

 

当初は個人様向けに業務を展開しておりましたが、現在は9割以上の取引が法人様です。広告代理店やスポーツ店が主なお客様で、イベントプロモーション等でウェアプリントをご利用いただいています。またリピート率が高く、約9割程度が既存のお客様からの注文です。

 

 

事業の中でどんな課題を抱えていましたか?

 

課題1:紙の管理だと注文漏れなどのリスクが高い。

 

システム導入以前は紙ベースで案件ごとに営業が指示書を作成し、制作に依頼するという流れでした。

 

注文は数千枚単位で、多くの案件をファイルで日別で分けながらアナログで対応していました。

 

手書きや紙ベースの管理ですと、少なからず注文漏れや細かいミスがあり、さらにここ最近は注文数も増えてきたので、いよいよリスクが高まってきていました。

 

 

課題2:納期確認に時間がかかる。

 

さらにお客様の中には、納品までに時間がないという方もいらっしゃって、これまでは回答までに時間が掛かっていました。一度制作サイドに生産スケジュールを確認する必要があったからです。そしてそれが機会損失に繋がることもありました。

 

情報をわかりやすく整理して、生産ラインも見える化したいと思っていましたが、課題を解決する既成のシステムもなくどうしようかなという状況でした。

 

 

 

diffeasyに依頼したきっかけは何ですか?

 

そんな悩みを抱えていた時、友人がSNS上でグッドプロジェクトアワード2017の最優秀賞を受賞した際のdiffeasyさんの記事をシェアしていたのを目にしました。

 

「田舎の木材工場で起きた奇跡」を読んでいくうちに当社の問題点とも通ずる部分があり、diffeasyさんにシステムを依頼したら当社の課題も解決できるのではないかと感じました。

 

数社のシステム開発会社様に相談しましたが、最終的には信頼できるかということに尽きると思い、実際に福岡のdiffeasyさんに会いに行きました。

 

記事で拝見した企業様にも同行して現場を確認したり、diffesayのメンバーさんと一緒に過ごす中で、この人たちならきっと良いものを作ってくれると思い、システム制作をお願いすることになりました。

 

 

導入した結果はどうなりましたか?

 

1.システム導入で転記作業にかかっていた時間を9割削減。

 

紙の印刷ではわかりやすいオンライン受注システムを導入している企業はありますが、Tシャツプリントの業界においてはそういったシステムはまだなく、T-Orderが初めてになると思います。

 

導入前はお客様にイラストレーターの入力フォーマットを提供し、デザインなど依頼内容を記入していただいていました。しかし入力内容にバラつきがあり、工場内に情報共有をする際に転記ミスが発生してしまうこともありました。

 

T-Order導入後は必要な内容はほとんど依頼画面で入力できるので、無駄な作業と間違いを大幅に削減することができました。

 

 

2.進捗管理が見える化できた。

 

これまでは進捗確認をするのにファイルを見たり、担当者に聞きながらしていました。

 

T-Orderでは、オンライン上でパッと、どの案件がどの段階か誰でも確認できるようになったので、情報共有がスムーズになりました。

 

これで情報共有に掛かっていた時間も大幅に削減できて、それぞれの担当者が各自の作業に集中することができるようになりました。

 

 

3. リピーターに嬉しい注文複製機能で再注文の負担を軽減。

 

リピート顧客が9割を超える我が社にとって注文履歴から過去の注文を複製できるのは、とても便利な機能です。

 

数量追加の注文や過去に類する注文があった場合、ボタン一つで過去の注文情報を呼び出し、再注文可能です。

 

弊社にもお客様にとっても作業時間の削減になりました。

 

 

 

4. 在庫発注もシステムで簡単注文。

 

T-Orderは進捗の管理のみならず、在庫発注機能もあるのでとても助かっています。誰でも発注作業がミスなく行えるようになったことに大きなメリットを感じています。

 

diffeasyと仕事をする上で印象的なことは何でしたか?

 

茨城と福岡は物理的に離れているため、チャットツールやオンライン会議を利用してリモートで打ち合わせを重ねたほか、開発期間中、現場視察のために1週間こちらに滞在していただきました。

 

滞在期間は一緒に食事をしたり、様々なお話をさせてもらったり、とても濃い時間になったと思います。

 

お昼に一緒にスケートボードをしたりしながら過ごしたのは印象的ですね。

 

また、働く環境が違う分、滞在中は現場を見ていただいて近い距離感で全てのスタッフとコミュニケーションをとり、情報を吸い上げてくださいました。

 

Tシャツ印刷の現場は初めてに関わらず、diffeasyさんの回答は毎回的確で、提案力には目を見張るものがありました。

 

diffeasyさんがわからない部分は想像で埋めてくれるのですが、それはきっと現場で丁寧に情報を吸い上げた結果だと思います。

 

 

今後どんなことをしたいですか?

 

今回開発に携わらせていただいて、diffeasyさんの能力の高さをすごく感じました。

 

システムというと複雑で、会社によっては使えないシステムを作られたという話も聞きますが、diffeasyさんのおかげで弊社の課題を解決する良いシステムができたと思っています。

 

今後はお客様への導入を進めたり、さらにブラッシュアップして、システムを育てていきたいです。

 

さらに今回の開発はファーストステップと考えていて、将来的にはT-Orderをマーケティングに活用していきたいと考えています。お客様や生産に関する様々なデータを蓄積し、そのデータを元に新たな施策を打てるようにするのが目標です。

 

これからもまだまだお力をいただくことになると思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

*通常、実績紹介では直接インタビューをしますが、今回は特別にリモートインタビューを実施しました。diffeasyでは、普段からもリモートでプロジェクトを進めることが多いため、今回のクライアントであるTWENTY様とのリモートインタビューもスムーズに進めることができました。

 

あなたの「こんな風に」をカタチにする 株式会社 TWENTY  様

成功・解決した理由

Before相談前

  • 紙の管理は転記ミスやコミュニケーションエラーが発生。
  • 進捗管理が分かりにくい。
  • 納品日の確認に時間が掛かる。

After相談後

  • オンライン入力で記入漏れ・ミスが激減。
  • 誰でも簡単に進捗確認が可能に。
  • すぐに納品日確認ができる。